レイクALSAの金利について

キャッシングは、金融機関からお金を借りることを言います。
個人間では、お金を借りる際に信用関係があれば特に契約など交わすことなく貸し借りしますよね。
ただ、赤の他人にお金を貸すような人は殆どいないと思います。

キャッシング会社も同様で、ただでお金を貸すほど各社で余裕はないのです。
しっかりと事業として、利益を出しながら貸金業を行っているのです。
金融機関では、利益をあげるために、貸したお金に利子を付けて返済を受けています。

その利子を決定するための重要な項目として、金利があります。
金利は、通常○○%という形で表示されています。
これは、一般的には実質年率とも呼ばれていて、年間に借入金額に対してどれだけの利子がかかるかを計算するために使用しています。

金利については、各キャッシング会社で自由に設定できるわけではありません。
利息制限法という法律により、上限金利が設定されているのです。
現在、上限金利は以下のように設定されています。

元金 金利
10万円未満 年20%まで
10~100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

この制限の中で、各キャッシング会社はしのぎを削っているのです。
注目したいのは、元金によって変動している点です。
100万円以上であれば、年15%までに制限されていますよね。

具体的な金利の計算方法

各キャッシング会社では、ホームページで大々的に金利をアピールしています。
先に紹介したとおり、金利は実質年率を用いているのが一般的です。
では、実質年率をどのように利用して利息を計算するものなのでしょうか?

一般的な計算方法として、以下が用いられます。
借りた金額×年利%÷365日×1カ月(30日or31日) = 1か月分の金利

では、具体例を用いて紹介します。
例えば、10万円を年利18.0%、30日間借りた場合の利息は以下となります。
10万円×18%(0.18)÷ 365日×30日= 1,480円

単純に、365日で割ることで日割り計算として、利用日数をかけるだけで算出できます。
非常に面倒なイメージがあるのですが、シンプルな計算で算出できるのですね!
また、各キャッシング会社では、容易に計算できるように利息計算サービスを提供しています。

これを利用すれば、年利と借入金額を入力するだけで、手軽にシミュレーションが可能となっています。

レイクの金利は?

では、ここからは主要なキャッシング会社の金利について紹介します。
まずはじめに紹介するのは、レイクです。
レイクは、CMでもおなじみのキャッシング会社ですよね。

レイクでは、4.5%~18.0%の実質年率を採用しています。
金利幅がありますが、これは借り入れ上限に応じて変動するためです。
レイクでは、1万円~500万円までの間でキャッシングできるのですが、4.5%というのは500万円に近い金額を借り入れた場合の金利です。

よって、低額のキャッシングの場合は、18.0%が採用されます。
レイクでは、残高スライドリボルビング方式と元利定額リボルビング方式を採用しています。
レイクに限らず、基本的に初回のキャッシングは低額からスタートするのが一般的です。

よって、最初は高めの金利設定となってしまいます。
また、50万円を超える借り入れを行う場合、また他社の借り入れと合計して100万円を超える場合は、収入証明書類を提出する必要があります。
これは、法律で決まったことであり、他社でも同様に提出する必要があります。

提出するタイミングは、新規申し込み時の審査前に本人確認書類を提出する前、または継続利用で融資枠をアップさせる際に提出します。
初回で高い金利を設定しても、増枠で金利を下げることも可能ですよ。
レイクでは、金利以外でも遅延賠償金を年利20.0%支払う必要があります。

絶対に遅延しないように、しっかりと返済するようにしてくださいね。
レイクでは、他にも無利息でキャッシングをできる点も魅力的です。
しかも、他社と違い2つのプランが用意されており、選択できるのも魅力的です。

プロミスの金利は?

プロミスも、CMでおなじみの存在ですよね。
きめ細かいサービスが魅力的ですが、最も魅力的に感じるのが金利です。
プロミスでは、金利を4.5%~17.8%に設定しています。

注目したいのは、17.8%という数字です。
これは、他社と比較してオトクな数字になっています。
どうしても横並びになりがちな中で、攻めている印象があります。

プロミスでは、金利を利用して以下の計算式で利息を算出しています。
利息 = 利用金額 × 借入利率 ÷ 365日 × 利用日数

更に、プロミスでは無利息サービスも大好評です。
プロミスをはじめて利用した方で、メールアドレスの登録、Web明細をご利用いただく事で、30日間の無利息サービスを一度のみ利用できます。
更に、プロミスでは独自のポイントサービスを用意しています。

ポイントを貯めることで、特典として最大30日間の無利息キャッシングを利用できます。
初回だけでないのが、プロミスの嬉しいところです。

SMBCモビットの金利は?

SMBCモビットでは、金利を3.0%~18.0%に設定しています。
レイク、プロミスと違って、3.0%というのは低く見えますが、これはキャッシング枠が最大800万円であるために、低く設定されているのです。
SMBCモビットでは、他社と違い無利息キャッシングサービスが用意されていません。

その分だけ、サービス内容で勝負している印象があります。

アコムの金利は?

アコムでは、金利を3.0%~18.0%に設定しています。
条件としてはSMBCモビットと同じで、最大800万円までのキャッシングが可能です。
また、金利に関しては特設ページを用意しており、わかりやすく解説されています。

他にも、アコムでは無利息キャッシングが初回のみ30日間利用できます。

アイフルの金利は?

アイフルでは、金利を4.5%~18.0%に設定しています。
借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式を採用しているのですが、借入金額に応じた細かい返済金額表をホームページで公開しています。
また、返済シミュレーション機能があり、容易にシミュレーションできるのが良いですね。

無利息キャッシングも用意されているなど、何かと便利なキャッシング会社です。

金利マジックに注意!

いかがでしたでしょうか?
金利は、各社でも力を入れている要素でありますが、融資枠によって金利が変動するので単純比較はできません。
しっかりと融資を受けたい額を加味しながら、利用するキャッシング会社を選択しましょう。

プロミス

関連記事

  1. レイクALSAならコンビニで返済だけでなくキャッシングも出来る!

  2. レイクALSAでの借り方・お金の引き出し方法について

  3. レイクALSAの在籍確認はどのような感じなのか?

PAGE TOP