レイクALSAでの借り方・お金の引き出し方法について

キャッシングは、とかく金利を見て決定してしまいがちですよね。
確かに、金利がオトクであれば、その分だけトータルの返済額も少なくて済むこともあり、目が行くのは当然です。
ただ、金利だけを見ていると重要なことを見落としがちです!

キャッシングは、利用しやすさも重要ですよね。
契約を行った後に、実際に引き出す際に容易に行えるのがベストですね。
特に、緊急性を要する場合は、如何に効率よく引き出しできるかがポイントとなります。

各キャッシング会社も、如何に引き出しやすくするかを競っていて、様々なサービスを展開しています。

レイクでの借り方・お金の引き出しはどのようにするの?

では、実際にキャッシング会社を利用する場合、どのようにして引き出しできるのでしょうか?
主な方法としては、銀行振込、ATM、提携ATM、店舗引き出しがあります。
銀行振込の場合は、インターネットや電話を利用して、希望額を伝えてその金額を指定口座に振り込んでもらいます。

ATMは、各キャッシング会社の店舗や提携店舗に設置してあるATMを利用してキャッシングできます。
提携ATMとは、キャッシング会社と提携しているATMの事を言います。
主に銀行系のATMや、コンビニエンスストアにあるATMが提携ATMとなっています。

最後に、店舗引き出しとは、キャッシング会社の店舗で申請して、希望額を引き出すスタイルとなっています。

レイクにおける引き出し方法は?

レイクは、きめ細かいサービスを展開しているキャッシング会社です。
如何に利用者が利用しやすくするかに心血を注いでおり、その努力には敬意を評したいですね!
まずは、レイクで引き出すための契約手順を紹介します。

レイクでは、様々な申し込み方法を用意しています。
電話、郵送、WEB、店舗申し込みなどがありますが、最も効率よく手続きできるのがWEB申し込みです。
では、今回はWEB申し込み手順を紹介します。

最初に、パソコンやスマートフォンなど、インターネットが利用できるデバイスでレイクのホームページにアクセスします。
携帯電話でも申し込みできるのがうれしいですね!
アクセスしたら、新規申し込みページに進みます。

新規申し込みでは、個人情報や収入情報、勤務先などの情報を入力します。
また、この時点でキャッシングの利用用途を申請します。
正しい情報を提供するようにしてください!

仮に、カードが不要な場合は申込み時に不要と申請しましょう。
但し、カードがないと銀行口座振込以外の引き出し方法は利用できません。
より自由に利用したい場合には、カード発行を選択しましょうね。

申し込みが完了したら、最後に本人確認書類を提出します。
本人確認書類は、原則として運転免許証が必要になりますが、ない場合はパスポートや健康保険証などを用意します。
用意できたら、写真で撮影して、画像データとしてレイクに送付します。

一通りの書類とデータを送付したら、レイクでの審査を行います。
審査は、最短で30分程度で完了して、結果がメールまたは電話で伝えられます。
審査に見事通過したら、カード発行を選択した場合は発行手続きを行います。
カード発行は、実店舗に出向いて行うと早急に発行までこぎつけることができます。

レイクでは、レイクATM、提携ATM、店舗窓口、銀行振込で引き出しができます。
ATMの利用については、レイクカードを使用して行います。
手続きは、銀行からキャッシュカードで引き出すのとほぼ同じで、簡単な操作で引き出し可能です。
基本はATM稼働時間での利用となりますが、コンビニの提携ATMを利用すれば、ほぼ24時間いつでもキャッシングが可能です。

また、レイクでは提携ATMを何度利用しても、利用手数料はかかりません!
これは他社と異なる大きなメリットとなっています。
セブン銀行・ローソンATM、イオン銀行ATM、イーネットでの利用が可能という点も魅了的に感じます。
利用時間の詳細は、以下となっています。

曜日お借入れ/ご利用照会ご返済
月曜日7時00分~23時50分7時00分~21時00分
火曜日・水曜日0時10分~23時50分7時00分~21時00分
木曜日7時00分~21時00分
金曜日0時10分~23時50分7時00分~21時00分
土曜日0時10分~23時50分9時00分~17時00分
日曜日・祝日0時10分~23時50分9時00分~17時00分

銀行口座振込については、銀行の営業時間内に申請をすると、当日中にキャッシングできます。
店舗窓口については、店舗営業時間内であればいつでもキャッシングを行うことができます。

プロミスの引き出し方は?

プロミスでは、引き出し方法としては店舗窓口、ATM、提携ATM、銀行口座振込などがあります。
店舗窓口は、営業時間内であればいつでもキャッシングできます。
また、ATMでも手数料無料で引き出し可能です。
営業時間は以下となります。

(店頭窓口) ATM
平日 10:00~18:00 7:00~24:00
土曜 休み 7:00~24:00
日曜・祝日 休み 7:00~24:00

提携ATMは、コンビニエンスストアであればほぼ24時間いつでもキャッシングできます。
プロミスでは、口座振込の場合は即フリサービスを利用できます。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行をお持ちであれば、24時間いつでも即座にキャッシングが可能です。
これはとても便利なサービスですね!

SMBCモビットの引き出し方は?

SMBCモビットでは提携ATM、銀行口座振込などでキャッシングできます。
残念ながら、SMBCモビットは店舗数が極端に少ないので、提携ATMを利用するのがベターですね。
また、SMBCモビットは三井住友銀行系のキャッシング会社ですので、三井住友銀行のATMを利用できるのがうれしいですね。

アコムの引き出し方は?

アコムでは、ATM、提携ATM、店舗窓口、銀行振込で引き出しができます。
また、無人契約機のむじんくんでも引き出すことが可能です。
アコムの特徴としては、楽天銀行との相性の良さがあります。

楽天銀行であれば、ほぼ24時間の対応が可能で、受付完了から1分程度で振り込まれます!

アイフルの引き出し方は?

アコムにおいても、ATM、提携ATM、店舗窓口、銀行振込で引き出しができます。
提携ATMは多く、様々なシーンでの利用が可能です。
また、電話での引き出しも可能で、女性専用ダイヤルも用意されています!

ニーズに合った引き出し方法を利用しよう!

いかがでしたでしょうか?
各キャッシング会社では、様々な形で引き出しできるように切磋琢磨されています。
これなら、急なキャッシングでも安心して利用できますよね!

プロミス

関連記事

  1. レイクALSAならコンビニで返済だけでなくキャッシングも出来る!

  2. レイクALSAの金利について

  3. レイクALSAの在籍確認はどのような感じなのか?

PAGE TOP