消費者金優を案内【金利や返済時の利息計算】

消費者金優でお金を借りようとした時、真っ先に気になるのは金利の事ではないでしょうか。消費者金優は銀行と比べて金利が高いという話を聞きますが、実際にはどうなのでしょうか。
こちらでは金利相場について把握して、賢く借り入れをするための情報をお伝えします。

法律上の金利について

まずは日本の法律で決められた金利について確認しておきましょう。
かつては法整備が整っておらず、グレーゾーン金利というものが存在していましたが、現在は法改正が行われ、貸金業者は20.0%を超える金利でお金を貸し付けする事は出来ません。
また貸付金額によっても、次のように設定できる金利が決められています。

  • 10万円未満      : 20.0%
  • 10万円~100万円未満 : 18.0%
  • 100万円以上      : 15.0%

これ以上の金利設定をしている消費者金優があったら、それはいわゆるヤミ金と言われる悪徳業者ですので、絶対に利用してはいけません。

消費者金優の金利相場

では実際に消費者金優の金利はどのように設定されているのでしょうか。
ここで大手3社の金利を見てみましょう。

  • アコム  : 3.0%~18.0%
  • プロミス : 4.5%~17.8%
  • アイフル : 3.0%~18.0%

このように、大手3社はそれほど大きな差はありません。
ただし同じ会社でも、上限金利と下限金利の差が大きい事が気になる方もいるかもしれません。
しかし基本的に初回利用時は、上限金利が適用されるケースが多いと思っていただいて問題ありません。
継続して利用している間に、段階的に金利が引き下がって行く事はありますが、下限金利まで下がる事はまずないと考えてよいでしょう。

無利息サービスを有効に活用する

大手消費者金優では、初回利用時に無利息のサービスを行っているところが多いです。
この特典を有効に活用して、お得に借り入れをしましょう。
ただしいくつか注意するポイントがあるのでお伝えします。

初回限定

過去に同じ会社で借入をしている人は、無利息のサービスを受ける事が出来ません。
新規で契約した人のみへのサービスになります。

無利息期間のスタート

無利息期間は30日間の会社が多くなりますが、無利息期間がスタートするのが各会社で異なります。
契約日の翌日から30日間の会社と、契約後初回利用した日の翌日から30日間という会社があるので注意が必要です。
契約してすぐに借り入れを行わない場合には、後者を選ぶと無利息期間をフルに活用する事が出来ます。

利息の計算方法

消費者金優の利息の実際の計算方法について、正しく理解されている方は少ないかもしれません。
例えば金利18.0%で50万円を借りた時の、1年間の利息について考えてみます。
50万円×18.0%で9万円が利息として返済する金額だと思われる方もいるかもしれませんが、実際には少し違います。
なぜなら毎月の返済では利息と元金を返しているので、元金は少しずつ減って行きます。
そして減った元金に対して、翌月の利息が掛かる事になります。
当然早く返せば返すほど、利息の金額も減って行きますので、少しでも余裕のある時には多めに返すようにするのが、消費者金優のキャッシングとの上手な付き合い方です。

まとめ

お金を借りたら当然利息を付けて返さなければいけません。
よく理解しないでキャッシングをしてしまうと、後々思いがけないトラブルへと発展してしまう可能性もあります。
しっかり利息について理解してから利用するようにしましょう。
そしてくれぐれも違法な金利を取るような、悪徳業者からお金を借りる事のないようにして下さい。

PAGE TOP