個人事業主の方のキャッシングの進め方

キャッシングは、万人に平等に融資をしてくれるわけでは残念ながらありません。ある一定の条件があり、その条件に該当しなければ利用はできません。
キャッシングを利用できる条件は、キャッシング会社によって微妙に異なっています。

キャッシング会社で最も重視するのは、返済できる能力があるかどうかです。利用者が誠実であっても、返済するだけの収入がなければ債務超過になってしまう可能性があります。

安定した収入を得ているかの最もわかりやすい条件として、定職に就いているかどうかです。
更に、単に働いているだけでもだめで、水準以上の収入があるかも重要です。

個人事業主様も利用できる!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

個人事業主の場合は?

では、会社に就職するのではなく自分で事業主となって働いている、もしくは事業展開している方はキャッシングできるのでしょうか?

結論から言えば、個人事業主の方もキャッシングは可能です。店舗がなかったり屋号などつけていない場合でも、申し込みできます。

但し、一般的な申し込み方法とは多少異なる手段で申し込む必要があります。
キャッシング会社によっては、個人事業主専用の申し込みを行えるケースもあります。

個人事業主の申し込みで最も困るのは、収入証明です。会社に勤めていれば、給与明細が発行されるので、それを持って収入証明とすることができます。
ただ、個人事業主の場合は明細を作成しないこともあります。

そこで、収入証明が不要な50万円以下のキャッシングで契約することで回避が可能です。

プロミスでのキャッシングの進め方

プロミスは、幅広い方にキャッシングを提供しているメジャーな会社です。テレビCMも毎回話題になるなど、多くの人に認められた会社でもあります。

個人事業主様も利用できる!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

そんなプロミスですが、自営者カードローンという商品があり、個人事業主でもキャッシングを利用できます。
細かな条件を紹介すると、融資額の上限は300万円で、実質年利は6.3%~17.8%が適用されます。

通常商品の年利4.5%よりも高めに設定されていますが、これは上限額が300万円であるため、若干高めの設定となっています。
返済方法は残高スライド元利定額返済方式で、5日、15日、25日、末日の中から返済日を
選ぶことができます。
また、原則最長6年9ヶ月・1~80回で返済回数を設定できます。

プロミスの自営者カードローンで気になるのが、対象者です。年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方なら、何方でもこの商品を利用することができます。

担保や保証人も当然不要ですし、生計費および事業費での利用が可能です。事業費での利用ができるのが、個人事業主にとってはありがたいですね!

では、プロミスで自営者カードローンを利用するまでの手続きについて紹介します。
通常と同様に、自営者カードローンではインターネットや無人契約機、店舗窓口で申し込みが可能です。
インターネット経由であれば、自宅にいながら申し込めますし効率よく進めることができるので、おすすめです。

個人事業主様も利用できる!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

プロミスのホームページから自営者カードローンのページに進み、新規登録を行います。個人情報や業務内容などを入力していきます。
入力が完了して申請すると、本人確認書類と収入証明書類の提出が求められます。
本人確認書類は運転免許証またはパスポート、または健康保険証+1点(例:住民票)の送付が必要です。

気になる収入証明書類には、確定申告書または青色申告決算書または収支内訳書が必要です。
事前に申し込みする前に準備しておきましょう。

更に、事業実態を疎明する書類の提出も必要です。
これには、受注書/発注書/納品書/請求書などが該当します。

これらの必要書類を提出した上で、プロミスで審査を行い、審査に合格すれば利用することが可能です。

個人事業主様も利用できる!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

レイクのキャッシングの進め方

ほのぼのレイクのフレーズで有名なレイクですが、個人事業主向けの商品はありません。
ただ、通常のキャッシングの中で、個人事業主も利用できるようになっています。

レイクの利用条件として、一定の収入があることが条件となるので、その条件にマッチすれば個人事業主でも利用できるわけです。
レイクでは、インターネットなどから契約申し込みが可能です。

ホームページの新規申し込み画面に進み、フォームに必要事項を入力していき、本人確認書類を送付します。

ここでポイントとなるのが、収入証明書類です。
レイクでは、源泉徴収票、住民税決定通知書、納税通知書、所得(課税)証明書などが用意できれば、審査を受けることができます。

また、収入照明の提出が不要である50万円以下で利用するというのも良いですね。

SMBCモビットのキャッシングの進め方

SMBCモビットも、レイク同様に個人事業主専用の商品は用意されておらず、通常のキャッシングの中で利用が可能です。
基本的に、返済する能力があることと一定した収入があれば全く問題なく利用できます。

SMBCモビットでは、インターネットによる申し込みがお手軽です。
と言うのも、SMBCモビットは店舗数が非常に少なく、お近くに店舗がない可能性が高いためです。

ホームページより必要事項を記入していき、本人確認書類と収入証明書類を提出して、審査に合格すれば利用することができます。

SMBCモビットのWEB申し込みはこちら↓

アコムで個人事業主はキャッシングできる?

アコムでは、公式FAQで「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であれば個人事業主でもご契約いただけます。」と表明しています。

また、ビジネスサポートカードローンというサービスがあります。
実質年率12.0%~18.0%で、最大300万円までのキャッシングが可能です。

業歴1年以上の個人事業主の方でアイフルの基準を満たす方であれば利用ができるのですが、すでにアコムを利用している方も再審査を受ける必要があります。

また、審査では直近1期分の「確定申告書B(第一表)(写し)」が必要になります。
更に、100万円を超える融資を受けたい場合には、以下も必要です。
・青色申告の場合…直近1期分の「青色申告決算書(写し)」
・白色申告の場合…直近1期分の「収支内訳書(写し)」

アコムのWEB申し込みはこちら↓

アイフルでのキャッシングの進め方

アイフルでは、事業サポートプランという無担保ローンがあり、個人事業主でも利用が可能です。
実質年利は6.0%~18.0%で、最大500万円までの融資を受けることができます。

審査においては、以下の種類の提出が可能です。
・確定申告書
・事業内容確認書
・本人確認書類

アイフルのWEB申し込みはこちら↓

個人事業主でも利用可能!

いかがでしたでしょうか?
個人事業主がキャッシングを利用するには、意外とハードルが低いものですね!

また、専用の商品を用意しているキャッシング会社もあり、是非活用してもらいたいですね。

プロミス

関連記事

  1. 来店不要でキャッシングを利用する方法

  2. カードローンでお得に30万円を借りる方法

  3. キャッシングの金利計算方法

  4. カードローンで土曜日に即日で借りる6つのポイント

  5. カードローンでお得に10万円を借りる方法

  6. 審査と借り入れが早いカードローン会社は?

PAGE TOP