カードローンを利用して土日に借り入れを行う方法

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓


1週間の中でも特に出費の機会が多いのが土曜・日曜です。
「どうしても今日中にお金が必要なのに、用意できない!」そんなピンチの時に役立つのが土日融資が可能なカードローンです。

カードローンの申し込みをすることによってスピーディーに審査を通過できれば、融資金を手にして無事ピンチを切り抜けることが可能となります。

しかし土日に借り入れを行うためには、平日とは違った手順で申し込みや手続きを行う必要があります。

本サイトでは、土日融資が可能なカードローンのご紹介と、失敗しない為の具体的な申し込み方法をご案内しております。

土日の借り入 れの基本は『カードの発行』

まず最初に説明しなければならないのは、カードローンでの借り方は『自分の銀行口座への振り込み』『カードを利用してのATMでの引き出し』の2種類あるという点です。

しかし土日に借り入れを行う場合は、銀行が休みであるため、基本的には当日中に振り込みでの借り入れは行うことができません(一部例外はあります)。

そのため、土日に即日融資をしたい!という場合は『カードを利用してのATMでの引き出し』を行う必要がある事をまず覚えておいてください。

カードローンで利用できるATMって?

カードローンで利用できるATMは 大きく分けると『カードローン会社専用ATM』『提携コンビニのATM』『提携銀行のATM』となります。特にコンビニのATMは遅い時間まで営業していますので、カードの発行が遅くなった場合でも借り入れを行うことができます。

また、カードローン会社専用のATMは契約機に併設している場合が多いので、契約機でカードを発行した後にすぐ借り入れが可能です。

急ぎで借りたい場合は、まずネットで申し込みを

カードローンで土日に借り入れるためには、まずカード手にする必要があるというのは先程説明した通りですが、現在はカードの申し込みは、ほぼ全てのカードローン会社が24時間いつでもネット上で行えるようになっています。

つまり「借り入れをしたい」と思った時点ですぐにスマートフォンやパソコンを使って申し込みを行えるようになっているのです。
申し込みが完了することによって、朝〜夜のそれぞれの会社の受付時間内であればすぐに審査が開始します。

カードローン会社によっては、ネット申し込みが終わった時点ですぐに『簡易審査の結果』をネット上で知ることができる所もありますので、まずは何よりも優先してこの申し込みを先に行っておくのがオススメです。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

土日に即日で借りるためには『契約機』でカードを発行する

急ぎで借りるためにはまず『ネットでの申し込み』を行うという点は先述の通りですが、申し込みを行い審査に通過したら次に『カードの受け取り』を行う必要があります。

基本的に、どのカードローン会社もカードの受け取り方法は『郵送』『契約機での発行』の2種類から選ぶようになっています。
しかし郵送を選んでしまうと受け取りが後日となってしまいますので、即日で借り入れをするためには、『契約機での発行』を選ばなければなりません。

主要カードローン会社の契約機の土日の営業時間

土日の即日での借り入れの為には、それぞれのカードローン会社の契約機が「何時から何時まで営業しているか」を把握しておく必要があります。

では、主要カードローン会社の契約機(会社によって呼 び方は異なります)の土日の営業時間を、それぞれ見ていきましょう。

■プロミス
【曜日問わず】9時〜22時
プロミス

■レイク
【土曜日】8時45分~24時
【日曜日・祝日】8時45分~22時
※はじめてのお客さまへの当日のご融資は、8時45分~21時となります

■SMBCモビット(ローン申込機)
【曜日問わず】8時〜21時

■三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』(テレビ窓口)
【土曜日・祝日】10時~18時
【日曜日】10時~17時
※テレビ窓口でカードを受け取るには『運転免許証』が必要です
上記のように三菱東京銀行のカードローンであるバンクイックの『テレビ窓口』のみ、やや営業時間が短くなっていますが、消費者金融の契約機は基本的に遅い時間まで営業しています。
中でもプロミスは22時と、土日でも特に遅い時間まで受付をしていますので、特に即日融資を間に合わせたい方にはオススメです。

しかし、契約機の中でもカードの発行手続きには多少時間が掛かるため、閉店ギリギリの時間に到着すると、カードの発行に間に合わなくなる恐れが有ります。そのため契約機には閉店30分前までには到着している事をオススメします。

カードローンの契約に必要な書類

どのカードローン会社を選ぶ場合でも、契約して借り入れを行うためには『必要な書類』が存在します。
この必要書類はカードローン会社によって多少違いはありますが、ここでは特に共通して必要な書類を紹介していこうと思います。

本人確認書類

どのカードローン会社でも契約に必ず求められる書類、それが本人確認書類です。

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証+住民票の写し、もしくは公共料金の領収書
  3. パスポート

ほとんどのカードローン会社では本人確認書類として、上記のうちいずれか一点の写しの提出が必要となります。
上記の書類は、どれも本人確認書類として有効ですが、中でも運転免許証は証明する力の高い書類ですので、お持ちの場合はご利用下さい。

収入証明書類

総量規制の対象外である銀行のカードローンについては、利用限度額が100万円以下である場合は申請者本人の収入を証明する書類が不要となる場合もありますが、総量規制の対象であるカードローンについては利用限度額が50万円超である場合や他社との合計額が100万円超の場合は『収入証明書類』の提出が必要となります。

  1. 源泉徴収票
  2. 税額通知書
  3. 所得証明書
  4. 確定申告書
  5. 給与明細書

基本的には上記のうちからいずれか一点を用意する必要があります。

以上が代表的なカードローンの必要書類となりますが、それぞれの会社によって提出方法は異なりますので、前もって希望しているカードローン会社のホームページから必要書類を確認しておくことが大事です。

プロミスで土日祝日に振り込みで借り入れができる『瞬フリ』とは?

土日祝日は銀行が休みであるため、振り込みでの借り入れの反映は翌営業日となりますが、プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方については平日・土日祝日問わず24時間借り入れが できる『瞬フリ』のサービスを展開しています。

瞬フリのサービスはインターネットもしくはプロミスの店頭窓口で申し込みが可能です。
しかもこの瞬フリのサービスはその名の通り、最短10秒というスピードで振り込みが可能ですので、急ぎで借り入れをしたいという方にも最適なサービスです。

また振り込み手数料も無料となっていますので、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方にとっては、特にオススメのサービスとなっています。
※上記2銀行以外でも『瞬フリ』はご利用いただけますが、銀行の営業時間外の受付は翌営業日付となります。

まとめ

以上がカードローンを利用し て土日に借り入れを行う方法の紹介となります。

上記のプロミスの『瞬フリ』のような例外はありますが、基本的に土日に即日融資を行うためには『ネットで申し込み→契約機でカード発行→提携ATMで借り入れ』という手順が最もスムーズな借り入れの流れとなります。

カードローンの審査時間というのはケースバイケースで、「必ず◯◯分で審査が終わる」というような確証がないのがネックではありますが、できるだけ早い時間に申し込みを行えば行う程、即日融資に成功する確率はアップします。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミス

関連記事

  1. キャッシングの金利計算方法

  2. 個人事業主の方のキャッシングの進め方

  3. 審査と借り入れが早いカードローン会社は?

  4. 【会社別】カードローンを日曜日に利用して借りる方法

  5. 来店不要でキャッシングを利用する方法

  6. 郵送物なしでキャッシングの申し込みする方法

PAGE TOP