キャッシングの金利計算方法

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性におすすめ!プロミスレディーのWEB申し込み↓

キャッシングの申し込みをしたいけど、金利の計算方法が気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
消費者金融でお金を借りたら、どんどん利息がふくらんで、返しても返しても返済が終わらず、そのうち恐ろしい取り立てが始まる、というのはドラマの中だけの話です。

一昔前までは消費者金融というと「サラ金」という呼び方をされ、イメージはあまり良いものではなかったかもしれません。
しかし貸金業法が改正されてからは、多くの消費者金融は銀行と提携し、利用者が安心してお金を借りられるような努力を続けています。
こちらでは消費者金融においての金利の計算方法について、詳しくご説明したいと思います。

日数計算方式

大手消費者金融での金利の計算方法は「日数計算方式」となっています。簡単に言えば、借りていた日数分だけ利息を支払うという事です。

当然借りてから返すまでの日数が短い方が、支払う利息は少なくて済みます。お給料日の前などに、数日間借りたいという時でも無駄なくキャッシングが出来ます。

【利息】 = 【借り入れ金額】 × 【借り入れ利率】 ÷ 365日 × 【利用日数】

具体的な金利計算

大手の消費者金融の金利は次のようになっています。

  • プロミス … 4.5%~17.8%
  • レイク  … 4.5%~18.0%
  • SMBCモビット … 3.0%~18.0%
  • アコム  … 3.0%~18.0%
  • アイフル … 3.0%~18.0%

プロミスは最も高い金利が17.8%、それ以外の会社はすべて18.0%となっています。
借り入れ上限額は、利用者の属性や年収によって異なってきますが、基本的に最も低い金利が用いられるのは、その会社で借りられる上限額に近い金額です。(500万円~800万円)

貸金業法の総量規制で、消費者金融で貸す事が出来るのは、その人の年収の3分の1までの額と定められていますので、実際500万円や800万円借りるには1,500万円~2,400万円の年収が必要という事になります。
ですから生活費やレジャーのお金を一時的に借りるというようなケースでは、多くの場合最も高い金利が用いられる可能性が高くなります。

こちらでは、そのような一般的な例の金利計算をしてみたいと思います。(参考値)

1万円借りる際の金利計算

【金利17.8%】

  1. 1ヵ月で返済  :  146円
  2. 2ヵ月で返済  :  222円
  3. 6ヵ月で返済  :  524円
  4. 12ヵ月で返済 :  980円

【金利18.0%】

  1. 1ヵ月で返済  :  150円
  2. 2ヵ月で返済  :  225円
  3. 6ヵ月で返済  :  531円
  4. 12ヵ月で返済 : 1,000円

3万円借りる際の金利計算

【金利17.8%】

  1. 1ヵ月で返済  :  438円
  2. 2ヵ月で返済  :  668円
  3. 6ヵ月で返済  : 1,572円
  4. 12ヵ月で返済 : 2,964円

【金利18.0%】

  1. 1ヵ月で返済  :  450円
  2. 2ヵ月で返済  :  676円
  3. 6ヵ月で返済  : 1,594円
  4. 12ヵ月で返済 : 3,003円

5万円借りる際の金利計算

【金利17.8%】

  1. 1ヵ月で返済  :  731円
  2. 2ヵ月で返済  : 1,114円
  3. 6ヵ月で返済  : 2,626円
  4. 12ヵ月で返済 : 4,948円

【金利18.0%】

  1. 1ヵ月で返済  :  750円
  2. 2ヵ月で返済  : 1,128円
  3. 6ヵ月で返済  : 2,657円
  4. 12ヵ月で返済 : 5,007円

20万円借りる際の金利計算

【金利17.8%】

  1. 1ヵ月で返済  :  2,926円
  2. 2ヵ月で返済  :  4,460円
  3. 6ヵ月で返済  : 10,510円
  4. 12ヵ月で返済 : 19,792円

【金利18.0%】

  1. 1ヵ月で返済  :  3,000円
  2. 2ヵ月で返済  :  4,510円
  3. 6ヵ月で返済  : 10,630円
  4. 12ヵ月で返済 : 20,020円

借りる金額が小さくすぐに返済する時には、17.8%と18.0%でそんなに違いはないなと感じたかもしれませんが、借りる金額が上がったり、返済期間が長くなったりするに従って、段々と差が大きくなる事にお気付きかと思います。

またキャッシングは一度契約をしたら、借入限度額内であれば何度も必要な時にお金を借りられます。
1回だけの利用であれば大した差ではなくても、何度も利用しているうちにまさに「塵も積もれば山となる」でしょう。
できるだけ最高金利が低い消費者金融で契約した方が、長い目で見てもお得という事がおわかりいただけるのではないでしょうか。

上限金利が一番安い17.8%のプロミス

他社と比べて、最も上限金利が低いのがプロミスです。
こちらではプロミスでキャッシングするための、具体的な申し込み方法をご案内いたします。

プロミスの申し込む際に必要な書類

まずはプロミスに申し込みする際の、必要書類についての確認です。

【本人確認書類 … 次のいずれか】

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 健康保険証+住民票

これに加え、下記の条件に該当する方は、それぞれ必要な書類があります。

【上記に記載の住所と現住所が異なる場合 … 発行から6ヵ月以内の次の何れか】

  1. 国税か地方税の領収書か納税証明書
  2. 社会保険料の領収書
  3. 公共料金の領収書
  4. 住民票の写し、または記載事項証明書

【外国籍の方 … 次の何れか】

  1. 在留カード
  2. 特別永住者証明書

【借入希望額50万円以上or他社との借入れと合算で100万円以上になる方 … 次の何れか】

  1. 最新の源泉徴収票
  2. 最新の確定申告書
  3. 直近2ヵ月の給与明細及び1年分の賞与明細(賞与がなければ不要)

プロミスへの申し込みの流れ

必要書類が準備できたら、早速審査の申し込みに入りましょう。
プロミスに申し込む際に、最も便利でお勧めなのが「WEB申し込み」です。
その名の通りWEBを使って審査の申し込みが出来ます。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性におすすめ!プロミスレディーのWEB申し込み↓

必要事項の入力

申し込みのフォームに、審査に必要となる事項を入力します。
難しいことはありませんが、それでもパソコンやスマホの入力が苦手という方には、必要最低限の入力だけで、残りの情報は電話で確認するという方法も用意されています。

もちろん電話が掛かってくるのは困ると言うような方もいらっしゃるでしょう。
そのような方は最初から審査に必要な情報をすべて入力すれば、基本的に電話が掛かってくることはありません。

審査結果

プロミスが審査を行って結果を連絡するのは、9時から21時までの間になります。その時間の間であれば、最も早ければ30分で審査結果の連絡が来ます。

審査結果の連絡方法は、電話かメールのいずれかです。申し込み時に自分で選択する事が出来ます。

契約

審査結果が出て、契約可能額がわかったら契約手続きに入ります。
お勧めの方法としては、先程用意した必要書類を持ってお近くの自動契約機で契約する方法です。
自動契約機で必要書類を読み取って、契約書類を作成して署名すれば、契約は完了ですぐにカードが発行されます。

そうすればそのカードを使って、その時からお金を借りられるようになるのです。
自動契約機までどうせ行くのであれば、最初から自動契約機で申し込みをすればいいのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかしWEBでの申し込みをお勧めするのには、それだけの理由があります。
もし自動契約機に行って申し込みをしようとした場合、必要事項を入力した後審査結果が出るまで、最低でも30分間は待つ事になります。

しかも待った結果、審査に通らないという可能性もあるのです。そのような無駄足にならないためにも、事前にWEBで申し込みをする事をお勧めしています。
もし審査に通るという自信がある方であれば、WEBで申し込みを行った後、審査時間を自動契約機までの移動時間に充てれば、さらに効率よく契約まで進める事ができます。

尚、近くに自動契約機がない方や出かけられない事情のある方は、WEBで契約をする事も可能です。
その際は必要書類をデジカメやスマホのカメラで写真に撮って、ネットで送信します。

まとめ

キャッシングの金利計算についてご紹介しました。
金利が低ければ低いほど、返す金額も少なくて済むというのは、当たり前と言えば当たり前の事です。
各社の金利を比べた時、一番最高金利が低いのはプロミスです。
こちらではプロミスへの申し込み方法もあわせてご紹介しましたので、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

断然オススメ!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性におすすめ!プロミスレディーのWEB申し込み↓

プロミス

関連記事

  1. カードローンを利用して土日に借り入れを行う方法

  2. お得にカードローンを低額で利用する方法

  3. 審査と借り入れが早いカードローン会社は?

  4. キャッシングを行う上で必要になる身分証は?

  5. 個人事業主の方のキャッシングの進め方

  6. 派遣社員でも借りられるカードローンは?

PAGE TOP