カードローンで土曜日に即日で借りる6つのポイント

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓


土曜日というのは休みの人も多く、レジャーや買い物などで何かと出費の機会が多い曜日であると言えます。
また日曜日にまとまった出費が控えていて、土曜日のうちにお金を揃えておきたい・・・と考えてらっしゃる方も多いのではないでしょか。

すぐに揃えられない費用を、短時間で用立てることができる便利なサービスが『カードローン』です。
しかし土曜日のカードローンでの借り入れは平日とは違い、注意しなければならない部分もいくつかあります。
そこで本サイトでは、土曜日に即日融資が可能なカードローンの具体的な情報と、即日融資を受ける為に抑えておくべきポイントについて紹介していきます。

【ポイント1】即日でカードを発行する

カードローンで土曜日に即日で借り入れをするための重要なポイント、それは『即日でカードを発行する』と言う事です。

「カードローンなんだから当たり前なのでは?」と考える方も多いとは思いますが、実は最近のカードローンはカードを使わずに自分の口座に振り込んでもらうことができる『WEB完結申し込み』というサービスを導入している会社が多いのです。

家からでも申し込みから振り込みまで済ませることができるWEB完結申込はとても便利なサービスですが、WEB完結申込は振り込みでの借り入れとなるため、残念ながら銀行の休業日である土曜日は即日の借り入れができません。

そのため土曜日に即日融資を行う方法は『カードを発行してカードローン会社の提携ATMで引き出す』の一択となります。

【ポイント2】カードは契約機で発行する

土曜日に即日で借り入れをするためにはカードを発行する必要がある事が分かりましたが、次はカードの発行方法について紹介していきましょう。

カードローンでカードを発行するためには『郵送』『契約機での発行』の2パターンがあります。
しかし郵送ではカードの到着が後日となってしまうため、必然的にカードの発行は『契約機での発行』に絞られます。

【ポイント3】それぞれのカードローンの契約機の土曜日の営業時間を把握する

土曜日の即日融資のカギとなるのが契約機ですが、失敗しないためにも『希望の会社の契約機は土曜日は何時までやっているか』を知る必要があります。

では大手カードローン会社の契約機(会社によって呼び方は異なります)の営業時間をチェックしていきましょう。

■プロミス
9時〜22時

■レイク
8時45分~24時
※はじめてのお客さまへの当日のご融資は、8時45分~21時となります

■SMBCモビット(ローン申込機)
8時〜21時

■三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』(テレビ窓口)
10時~18時
※テレビ窓口でカードを受け取るには『運転免許証』が必要です

上記のように契約機は比較的遅い時間まで営業していますが、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックのテレビ窓口は18時までと営業時間が短くなっています。

またレイクは営業時間自体は24時までですが、土曜日に即日融資を行うためには21時までにカードを発行する必要がありますので注意が必要です。

【ポイント4】申し込みは先にネットで行っておく

カードローンでカードを発行させるためには申し込みをして審査を受け、通過しなければいけません。
カードローンの申し込み方法はネット、郵送、電話、契約機といった方法がありますが、急いでいる場合は優先してネットで申し込みを行っておくのがお薦めです。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

ネットでの申し込みの利点は24時間いつでもスマホやパソコンがあればすぐにできる利便性にあります。そのため、今が金曜の夜で「翌日借りたい!」という場合でも先にネットで申し込みを行っておくことによって、翌日のカードローン会社の審査時間に優先して審査を受けて早い時間に結果を知ることができます。

また最近はレイクなどをはじめとして申し込み直後に『簡易審査の結果』を画面上で知ることができる会社もありますので、よりネットでの申し込みは便利になってきています。

【ポイント5】必要書類を準備しておく

カードローンで借り入れを行うためには必ず用意しなければいけない書類があります。
前もって書類を準備しておくことによって、スムーズに手続きを進めることができます。

本人確認書類

カードローン会社の契約に必須とも言えるのが『本人確認書類』です。
基本的には以下の書類からいずれか一点の『写し』を用意しておく必要があります。

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. パスポート

※健康保険証を提出する場合は加えて『住民票の写し、もしくは公共料金の領収書』が必要となる場合もあります

収入証明書類

総量規制の対象外である銀行のカードローンについては、利用限度額が100万円以下である場合は申請者本人の収入を証明する書類が不要となる場合もありますが、総量規制の対象であるカードローンについては利用限度額が50万円超である場合や他社との合計額が100万円超の場合は『収入証明書類』の提出が必要となります。

基本的には以下の書類からいずれか一点の『写し』を用意しておく必要があります。

  1. 源泉徴収票
  2. 税額通知書
  3. 所得証明書
  4. 確定申告書
  5. 給与明細書

以上が主なカードローンの必要書類ですは、求められる書類は会社によって若干異なりますので、申し込みを考えているカードローン会社の必要書類は必ず確認しておいてください。

【ポイント6】それぞれのカードローン会社独自のサービスをチェックしておく

それぞれのカードローン会社は、他との差別化を図る意味でも、会社ごとに独自のサービスを提供しています。
自分の条件に合ったサービスを見つける事によって、より土曜日の借り入れはスムーズとなりますので、ぜひチェックしてみてください。

プロミス

『瞬フリ』のサービス利用で土曜日も24時間借り入れ可能
「土曜日は銀行がやっていないので基本的には振り込みでの借り入れができない」というのは冒頭でも説明した通りですが、この例外となるサービスがプロミスの瞬フリ(振り込みキャッシング)です。

この瞬フリは三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている方限定で平日・土日祝日関係なくいつでも24時間振り込みで借り入れができるというお得なサービスです。しかも手数料は無料です。

つまり三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、土曜日でも家に居ながら融資金を振り込んでもらうことが可能となるのです。

初めての方に向けた『30日の無利息期間サービス』
またプロミスは初めて契約する方に向けて『30日間の無利息期間』というサービスも提供しています。これは初回の利用開始日から30日間は利息が全く掛からないというサービスです。利用方法も簡単で、プロミスとの契約の際にEメールアドレスを登録し、書面の受け取り方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」に選択するだけです。

利用開始日から30日以内に完済すれば利子0円で借りれますので、大変お得です。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

レイク

選べる2つの『無利息期間サービス』
レイクもプロミス同様『無利息期間サービス』を提供しています。
しかもレイクの無利息期間サービスは『30日間の無利息期間』と『借入額5万円まで180日間の無利息期間サービス』の2つから選ぶことが可能です。

『借入額5万円まで180日間の無利息期間サービス』は初回の利用開始日から180日間は5万円までの借り入れなら利息が全くかからないというサービスです。つまり仮に8万円借りた場合は発生する利息は『3万円分』だけです。
この『180日間の無利息期間サービス』は期間内であれば何回でも利用できますので返済回数が多くなる場合は、とてもお得なサービスです。

バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)

専業主婦でも借り入れができる!
専業主婦の方でも土曜日にどうしてもお金をかりたい…というシチュエーションもあると思います。
そんな方にお薦めのカードローンがバンクイックです。

現在、総量規制の影響により、多くの消費者金融では、収入のない専業主婦の方には融資を行っていないので、借り入れをすることができなくなっています(個人の借り入れ総額が年収の3分の1までと定められているため)。
しかしバンクイックは『銀行カードローン』で総量規制の対象外となっていますので、専業主婦の方への借り入れも可能となっています。

しかも配偶者の同意書を始めとする書類も不要となっていますので、夫に知られたくない…という状況でも借り入れが可能となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上が『カードローンで土曜日に即日で借りる6つのポイント』の紹介となります。

土曜日にスムーズに借り入れを行うためには、『基本的に知っておくべきポイント(1〜5)』そして『応用的に知っていると役立つポイント(6)』の2つを押さえることが大事です。

土曜日は平日と比較して利用者も多いため、時間に余裕を持って早めの行動を起こすことが成功へのカギです。
まずは率先してネットで申し込みを行っておきましょう。

圧倒的に早い!!プロミスのWEB申し込みはこちら↓
プロミス

女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミス

関連記事

  1. 【会社別】カードローンを日曜日に利用して借りる方法

  2. キャッシングローン審査の進め方

  3. カードローンでお得に30万円を借りる方法

  4. カードローンでお得に10万円を借りる方法

  5. 派遣社員でも借りられるカードローンは?

  6. 個人事業主の方のキャッシングの進め方

PAGE TOP